トップページ

アーケードゲーム トップ

フライトコントローラーの製作

以前”SEGA リンドバーグを起動”と言うコーナーをUPしました。そこではアフターバーナー
クライマックスを起動したのですが、フライトゲーム用のコントローラーが無い為、ゲーム
をプレイする事は出来ませんでした。それから約4ヶ月、やっと?製作にこぎつけました。

ここで言うフライトコントローラーとは操縦桿型のレバーを装備したコントローラーの事です。
それもレバー本体はアナログレバーを使用。主催者の手持ち品でこのタイプを探すと、モン
キーボールとプラネットハリアーズのパネルが該当します。ではこれらのパネルでアフター
バーナークライマックスをプレイしますか、と言う事なのですが、あまり気が進みません。理由
を申しますと、モンキーボール用はアナログレバー本体は使えるのですが操縦桿にトリガー
が付いていませんし、そもそも操縦桿がバナナですからね。一方、プラネットハリアーズ用は
トリガーも付いていて操縦桿は問題無いのですが、パネル全体がやたらでかい。横幅、高さ
共に大きく、今メインで使っているゲームラックに設置するのはきつい。どちらにしろ、結局
スロットルレバーがありませんからこのままではダメです。この時点で各種ゲーム基板に汎
用として使えるフライトコントローラーの製作を決意しました。

そこで次は、パネルに使用するアナログレバー候補を用意して、どれで行くか検討します。


■ サンワ電子製アナログレバー

まずはサンワ電子製のアナログレバー。実はモンキーボール、プラネットハリアーズに採用
されているレバーはこれです。セガの純正パネルに採用されているだけに性能は申し分無
し。レバーの横に小さい基板が付いていますが、これはレバーの角度に対して最適な出力
電圧を出すための物です。レバーの角度に対して舵角が合わない時に有用と思われます。

サンワ電子製アナログレバー


■ HAPPコントロールズ製アナログレバー

次はHAPPコントロールズ製のアナログレバー。これはセガのゲーム、スカイターゲットで使わ
れていた物。レバーはアメリカ製らしく?ごっつくシンプルなつくり。ボリュームはギア比ゼロで
操縦桿の軸に直結。その為、センターから左右に約30°ずつしか動きません。これでは電圧
変動が小さすぎてキャラクターの可動範囲に支障が出ます。それをカバーする為、このレバー
にも出力電圧を大きく振る為のアンプ基板が付いています。(もしかしたら上のサンワレバー
も同じ構造かも知れませんが、あちらは分解した事が無いので不明)主催者が入手した物は
非常に動作が重かったのですが、メンテの結果動作良好になりました。なお、このレバーは
以前はサンワ電子で入手可能でした。サンワ電子はHAPPコントロールズの製品を輸入して
いた為です。現在扱いがあるかどうかは不明。まあ、上のサンワ製のがあればこちらは無く
てもいいかと思います。

HAPPコントロールズ製アナログレバー


■ パソコンゲーム用アナログレバー

次はパソコンゲーム用(コンシューマ用)アナログレバー。コンシューマ用は商品数が多く
選択肢が広いのが利点ですが、耐久性はあまり無い気がする。写真は新品で入手した
win’95用の物だが、今まで一度も使った事が無いので使用感等は分からないのでした。
なお、基板屋でアナログスティック使用の大型筐体のゲーム基板を買うと、中古のパソコ
ン用スティックを改造して基板とセットにしている事が普通でした。うまく中古スティックを
流用すると、最もお安く上げる事が可能と思われます。

パソコンゲーム用アナログレバー


■ セイミツ製アナログレバー

次は操縦桿型で無い通常のアナログレバー。こちらを使う場合は、自分で操縦桿グリップを
製作して、更にトリガーも付ける必要があります。このセイミツのレバーは主催者がレース
ゲーム用で使用している物です。全体的に軟質プラスチックで出来ている様で、かっちりし
た印象が無いのですが、それが逆に耐磨耗性を上げている感じがします。センター位置で
の電圧変動の誤差も、上のサンワ電子の物に比べたら劣ると思われます。そこで試しにプ
ラネットハリアーズに繋げてプレイして見たのですが、全く問題無くプレイできました。

セイミツ製アナログレバー


■ セガ製アナログレバー

次はセガ製のアナログレバー。これはゾンビリベンジとか、ダイナマイトベースボールNAOMIで
使われていた物。これの特徴は何と行っても薄い事。パネル底が浅い筐体でも取付けが可能。
ただ、今では新品での入手は出来ないかも。そうなると中古になりますが結構ヘタっているので
ヘタリの少ない物を選別する必要があります。2人プレイパネルだと2P側はヘタリが少ないので
こちらの組み合わせがお勧め。ちなみにヘタリとは、レバーのメカでは無く、ボリューム自体の
軸のぐらつきなので修理は出来ません。

セガ製アナログレバー


■ オマケ プレイステーション2用コントローラー

プレステ2のコントロールパッド、デュアルショック2にはアナログスティックが付いています。
過去にドリームキャストを修理のコーナーで書きましたが、このアナログスティックは超小型
のボリューム式で、要は業務用と同じ構造。過去に主催者はプレステ2のパッドから線を引き
出し、NAOMIのモンキーボールをプレイしてみたのですが、全く問題なくプレイできました。
まあ、今回の趣向からは外れますし実際やらないのですが、とりあえず使えると言う事で。

プレステ用デュアルショック2



で、どれで行くか考えたのですが、やはりサンワ電子の物で行くことに決定。アフターバーナー
クライマックスもサンワの物の様ですし。レバーが決定したら、次はスロットルレバー。こちらは
主催者は一つも持っていませんから比較対象もありません。ただ、スロットルレバーの動作は
縦方向のみのアナログレバーですから、上記アナログレバーの縦軸のみを使えばいいはず。
しかし!それではなんか味気ない気がしたので自作を考えました。スロットルレバーは平行移
動すればいいので、まず思い浮かぶのはスライドタイプのボリュームを使用する事。しかしゲ
ーム機にスライドボリュームは良くありません。スライドボリュームの本来の用途はオーディオ
機器とか測定器で、ゲーム機の様な激しい操作には向きません。過去に使いましたが、すぐに
ヘタりました。一般的な回転型ボリュームでも、ゲーム機用は一般品とは内部抵抗体が別物で
すからね。そこでゲーム機用の回転型ボリュームを使ったスロットルメカを考えたのですが・・・。

なんか面倒になってきた。ええい!それなら一度セガに聞いてまえ!と言う訳で問い合わせて
見たところ、古い商品だがまだ現行商品なので扱いがあるとの事。純正品が手に入るのなら、
それが最良の選択であるのは間違いありません。それならばスロットルレバーだけで無く、フラ
イトレバーも純正で欲しいところ。純正のフライトレバーは、上にある様に本体はサンワ電子の
レバーだと思われますが、操縦桿のグリップは内部に振動モーターが入っていると言う特別仕
様なのです。そこでお布施?も兼ねて両方をセガに発注する事にしました。ただし、スロットル
レバーは即納できるが、フライト用レバーは3ヶ月後の納品との事。どうやら今から作るっぽい。
こちらにとってはお布施でも、セガにとっては迷惑だったかも。なお、最初は某基板屋に取寄せ
出来るか問い合わせをしたのですが、基板屋は「難しいと思いますよ」との返答で取り合って
くれなかったのでセガに直に問い合わせをしたのです。結果的にこちらの方が中間マージンが
無い分、お安くなったと思わますし、今となっては基板屋もそれを推奨していた感じがします。

さて、まず先にスロットルレバーが届きました。分納だと送料が余分に掛かかるのですが、取り
付け方を考えなくてはなりませんから、分納を希望しました。で、下の写真が届いたスロットル
レバー。でかい、でかすぎる。これをフライト用レバーと同じパネルに組み込むのは大きすぎて
無理なので、本物と同じ様にサイドに取り付ける様にします。

届いたスロットルレバー


まずはスロットルレバーのケースを作ります。レバー上部のプラパーツにピッタリ合うケースを
鉄板で作り、スロットルレバーをセット、更にアームを作ってゲームラックから吊り下げる算段
です。ケースをピッタリに作るのは、少しでもコンパクトにする為です。そう思って作り始めたの
ですが、板金折り曲げ機などありませんから、ケースは鉄板をバイスで挟んでハンマーで叩い
て製作するしかありません。これが結構しんどい上に寸法も中々決まらず参った。下の写真が
何とか出来たケースに仮でスロットルレバーをセットしたところ。

スロットルレバーのケース製作


次は出来たケースをゲームラックから吊り下げる方法を考えます。当初は適当な角パイプで
アームを作り、ゲームラックのパネル台から吊り下げればいいだろう、と考えていました。
アームとスロットルレバーのケースは溶接で接続します。しかしそれでは強度的に怪しい気
がしてきた。スロットルレバーがそれなりに重い上、クライマックスモードは結構強い力でレ
バーを押し込みます。最初は良くても、その内振動で溶接部にクラックが入るのでは?と思
えてきた。溶接部にあらかじめ補強をしておけばいいのですが、見た目がごっつくなる上に
  重さも増えて今一です。そこでアームとケースの接続はボルトで行う事にしました。振動には
こちらの方が強いはず。アームも吊り下げるだけでは無く、横の部分でも支える様にします。

アームとケースの接続


ケースの接続はボルトですが、アーム自体は溶接で組み立てます。溶接時は気をつけてい
たつもりですが、やはり正確な直角にはならず僅かに歪んでしまった。まともな差し金(直角
定規)が欲しいところ。しかし全体的にはうまくいった様で、取り付けは問題無さそう。下の
写真(右)は試しにバイスでゲームラックに付けて見たところ。ふむ、割としっかりしています。

アーム製作


次はゲームラックにアーム取付用のボス(ネジ穴)を増設。ボスはφ16mmの鉄の丸棒にM8の
タップを立てた物を作り、ゲームラックの角パイプ内に埋め込んで溶接。表面は面一に仕上げ
てスマートにします。次はスロットルレバーのケースのフタ。スロットルレバーはサイドの部分が
半円形に開口しているので、この部分にフタをします。フタは中古のアクリルを鋸で丸く切り出
した後、サンドペーパーで仕上げて塗装。表面には青いプラシートを貼り付けて仕上げます。

スロットル部分仕上げ


次はフライト用レバー。電話での問い合わせ通り3ヶ月後に届きました。早速サンワレバーと
比べて見ます。グリップ以外同じかと思いましたが、取付鉄板やコネクタなども異なります。

届いたフライト用レバー


レバーのサイドを見ると・・・。ありゃりゃ。アンプ基板が付いていません。う〜む別売なのか。
この基板はセガのカスタム品なので、改めて基板を発注するかとも思ったのですが、回路は
サンワ電子の物から調整ボリュームを取り去った物の様です。と言う事は、色々なゲーム基
板に対応させるのならサンワの物の方が調整が出来る分、対応範囲が広いはず。幸いセガ
の基板はプラネットハリアーズ等のレバーに付いているのがあるし、サンワの物もある訳で
すから、とりあえずそれらのアンプ基板で動作確認を行って見る事にします。
下の写真(右)がセガとサンワの基板を比べたところ。

アンプ基板比較


ここでまたケースの加工に入ります。例によって拾ってきた鉄板(コの字型に曲げ加工済み)
がまだあったのでそれを利用して製作。今回はパネル天板が水平ではなく少し傾けたパネル
にします。操縦桿型のスティックが付いた大型筐体のパネルは、どの筐体でも傾斜が付いて
いるのでそれにならいました。更にパネル天板は両サイドを一段下げた形にします。中央に
レバーをセット、両サイドにはスタートボタン等を付けます。こうすればプレイ中に誤って不要
なスイッチに触れる事が無くなりますし、天板から前後の面に繋がる鉄板の面積が減る事に
より鉄板を曲げ直す(少し傾ける)のがだいぶラクになるのです。鉄板は1.6mmの厚さなので
すが本当に固くて大変です。下の写真(右)はケースの形に組み立てたところ。その横に
あるのは底板。ゲームラックにはめ込みが出来る形状にしてあります。

パネルケース加工


次はケースの穴あけ。レバー、ボタンの他、底板との接続用の穴も開けます。底板との接続
はネジで止めるだけ。前のJVS/JAMMA共用コントロールボックスも同じ様なパーツ分割でし
たが、あちらは蝶番にて開閉する方式でした。今回それにしなかったのは、作るのが面倒な
割には大して使い勝手が良く無かった為。後、I/Oボードを内蔵するか悩みましたが、やはり
内蔵した方がすっきりする。しかしその場合JAMMAとの切り替えを考えなくてはなりません。
スイッチで切り替えが出来ればそれが一番手軽でいいのですが、切り替える接点が多い上、
ゲーム基板ごとに接続を変更しなくてはならない可能性もあります。そこでやや面倒ですが、
コネクタの差し替えで行う事にします。下の写真が穴明けが完了したところ。ボタンは照光式
押しボタンスイッチを採用。I/Oボードやらテストスイッチ等の穴も開けてあります。

パネルケース穴明け


加工が完了したら、表面にカッティングシートを貼ります。塗装では無くカッティングシートに
したのは、コントローラーは素手で触る部分なので、塗装だとその内変色したりハゲてきたり
するからです。カッティングシートは塗装の様に乾くのを待つ必要はありませんが、貼り付け
は非常に気を使います。シワやらホコリの混入が無い様にするとか、目立つ場所にカッティン
グシートの折り重なりが出ない様にする必要がある為です。カッティングシートの貼り付けが
終わると、次はパネル上面にいつもの様に化粧パネルを製作して貼り付けます。これも耐摩
耗性を考慮して透明プラスチック板の裏から模様を描きます。下の写真(中)と(右)はマスキ
ングを剥がしているところ。いや〜この作業は相当面倒な作業で、もし無いのならかなり気が
ラクになるのですが、化粧パネルがあるのと無いのとでは仕上がり具合がずいぶん違います
から毎回しぶしぶ作っています。あと、写真はありませんが底板部分は白く塗装しています。

パネルケース仕上げ


いよいよ配線です。まずはスロットルレバーから線を引出し、フライトレバーが付いたケース
にコネクタで接続します。次はフライトレバーですが、付属していなかったアンプ基板に接続
する中間ケーブルから製作。ここでプラネットハリアーズに付いていたアンプ基板からレバー
へのコネクタのピンアサインを調べると、アフターバーナークライマックスの図面掲載の物と
は配列が異なる事が判明。よく見ると基板の型番も末尾が違います。基板の型番やピン配列
が違うと言う事は、アフターバーナークライマックス専用品のアンプ基板なのか。それとも単に
バージョンアップしただけなのか?次にアンプ基板からI/Oボードへの接続を見ると、プラネッ
トハリアーズとアフターバーナークライマックスではX軸とY軸が逆になっています・・。う〜む。
同じセガと言う事でプラネットハリアーズ用のアンプ基板で行く予定でしたが、どうも釈然とし
ないので、こちらはやめてサンワ電子のアンプ基板で行く事にします。で、順次配線を進めて
いくとまたなんかイヤな予感がしてきた。もしかしたらケースの蓋が出来ないのでは?またか
よ!と言う感じ。(これもいつもの事で、要は小さく作りすぎ)。配線終了間際にケースと底板
を合わせてみたら、やはり!ぴったり合わず浮いてしまいます。これは大型筐体のゲームと
言う事でボタンは照光式を使用したのですが、奥行きが長い為、押しボタンスイッチのケツと
I/Oボードが当たってしまうのです。しかしここまで作ったらもう戻れません。と言うか戻りたく
ない。とにかく何とか蓋が出来る様に持ってきます。I/Oボードの取付けスペーサーをぎりぎ
りまで低くして(約3mm)、I/Oボード自体も処理ICがQFP化された後期型(初期のDIP型より
高さが低い)に変えたところ、何とか蓋が出来ました。

組み込み&配線


上の方でコネクタの差し替えと書きましたが、パネル内のI/Oボードの手前にコネクタ基板を
設置して差し替えます。下の写真で一番大きなコネクタ(25P)がI/Oボード(或いはゲーム
基板)からの入力、それ以外がパネルのレバー、ボタンへの接続になっています。スイッチ
が付いていますが、コイン/サービスの切り替えとアナログスティックのX/Y入れ替え、I/O
ボード出力の切り替えです。セガの大型物はなぜかコインスイッチが無くサービススイッチ
のみでしかクレジットを受け付けませんから、コイン/サービスの切り替えスイッチを付けて
おきました。あと、I/Oボードの出力切り替えはゲームによって使用端子が被る部分があり
ますからそれに対応する為の物です。基板は今後増設用のスペースが取ってあります。

配線完了


ケースの上下を蓋してゲームラックにセット、ついに完成しました。実際に操縦桿を握って
見ると、思っていたより操縦桿の位置が高い。しかしこれ以上ケースの高さを低くする事は
出来ませんからこれが限度です。その代わりパネル上面に傾斜が付いていてその分画面
からスティックが逃げているので、操作に支障は無いでしょう。また、当初気になっていた
スロットルレバーの固定強度なのですが、まるでビクともしません。そんなに気にする事も
無かったのかも。

フライトコントローラー完成


さて、出来たからには早速プレイです。

ゲームラックにセットしたところ




■



まずはアフターバーナークライマックスをプレイ。このゲームの為に作ったパネルです。レバ
ーのアンプ基板はサンワ製ですが全く違和感ありません。もうこのままいきます。プレイする
とコントローラーがゲームラックにしっかり固定されているのがGOODです。当たり前ですが
操作感は本物と一緒。クライマックスモードもOKです。クライマックススイッチは他のゲーム
でも応用できそうですね。

アフターバーナークライマックスをプレイ


お次はJVS繋がりでモンキーボール。ホントはプラネットハリアーズと行きたかったのですが
久々に起動したらなんか調子が悪い。マザーに不具合は無い様(テストモードでOK)なので
とりあえず後回し。で、モンキーボールをプレイするとやはり?レバーのXとYが入れ替わって
いた。早速切り替えスイッチをONで対応します。ふむ、こちらも問題なく操作OK。久々のプレ
イなのですが、攻略法は覚えているのだが微妙なカンは忘れていた。(たとえば乗り上げて
バウンドして一気に突っ切るとか)コンティニュー3回ぐらいしたら思い出した。やっぱ面白い。

モンキーボールをプレイ


次はアフターバーナーU。この基板はJVSでは無いし、JAMMAでも無いので接続の配線は
映像とか入力系など全て別々に出してあります。もし入力系の操作が合わない時は、基板
からのハーネス部分で合わせる事が出来るわけです。それで気楽に構えていたのだが・・。
レバーの左右はOKだが上下の動きがさかさま。う〜これはアナログスティックY軸のボリュ
ームの5VとGNDを逆さにする必要があります。先のコネクタ基板でボリュームのGNDと5V
を別個に操作する事は現状出来ないので、この部分を改造しなくてはなりません。ちなみに
スロットルはやや可動範囲が狭かったのですが、これはプレイした加減で対応を考えよう。
なお、本来アフターバーナーUのスロットルは引いてスピードアップなのですが、アフター
バーナークライマックスに合わせて押してスピードアップで行きます。逆でも問題ありません
 し、揃えた方がいいですからね。

アフターバーナーUをプレイ


次はセガXボード繋がりでサンダーブレード。こちらは先のABUと同じハーネスでいけます。
同じマザーボードですからね。それでABUで操作系を作っておけば共通でいけるだろう、と
気楽に構えていたのだが・・・。こっちは左右の動作が逆。しかもアナログスティックの上下が
効かないと思ったらスロットルと入れ替わっている。とりあえず上下とスロットルの配線を入
れ替えると、今度は上下の効きが逆。と言う事はこちらのスティックはXとY両方の電圧極性
が逆なのか。一方、スロットルの方は正常で逆ではなかった、と最初は思っていたのですが
よく考えたらこのゲームもスロットルを引いた状態がスピードアップなので、こちらも逆。
アフターバーナークライマックスを標準として変更点をまとめると、アナログスティックの上下
とスロットルの配線を入れ替え、更にアナログスティックとスロットルの電圧極性を全て逆に
すればOKになる。う〜何でまたこうもバラバラなんだろ。こんなんスイッチでやってたら何が
何だか分からなくなるので、コネクタのヘッドを対応ゲーム別に出して差し替え式にしよう。

サンダーブレードをプレイ


次はヘリ繋がりでメタルホーク。この基板は基本JAMMA。ただしアナログ入力は別コネクタに
なっています。そこで中間ハーネスを製作、コントローラーに繋げます。繋いだ結果は操作系
がレバー操作と動きが逆になる事も無くアッサリOK。しかしスティックはニュートラルの位置が
僅かにズレている。このゲームはニュートラル範囲が狭いですからね。これはサンワのアンプ
基板のボリュームをほんの少しいじるとすぐに良くなった。ただ、スロットルの方はだいぶズレ
ていてゲームに支障が出るレベル。(自機が勝手に急降下してしまう)こちらはどう対策するか
迷ったのですが、結局スロットルレバーのボリュームの取付位置での調整が一番簡単だった。

メタルホークをプレイ


次はフライトと言うよりはドライブなのですが、ナイトストライカー。操作系が操縦桿ですからね。
この基板もJAMMAの変形。ただ、JAMMAのカードコネクタにスティックのアジャストボリュームを
付けるのが必須になっていると言う変わり種。その為かどうか分かりませんが、ゲームの開始時
には専用の調整画面にてセンター調整をしろと取説に書かれています。純正レバーはゲーセン
の店員泣かせで有名だったのでサンワレバーではどうなのかと思いましたが、問題なく操作でき
ています。しかし動作はY軸が逆でした。まあアフターバーナーUと同じ変更点でいける部分だか
らいいか。

ナイトストライカーをプレイ


後回しにしたプラネットハリアーズもプレイしてみました。アナログスティックの左側にある3つ
のボタンスイッチはプラネットハリアーズのビューチェンジとボム。手持ちのゲームでこのスイ
ッチに対応しているのはプラネットハリアーズだけなので現在専用ボタンとなっています。さて
プラネットハリアーズはモンキーボールと同じ開発(アミューズメントヴィジョン)なので、あっち
がOKなら操作系は問題ないだろう、と気楽に構えていたのだが・・・。プレイするとレバー上下
の動きが逆だった。ホントどこまでもバラバラ。

プラネットハリアーズをプレイ


しかしこの部分の対策をするとグッドな操作感に。それで喜んでプレイしまくってたら、途中
からクレジットが入らなくなってしまった。おかしい、今までこんな事は無かったはずだが・・・。
再度クレジットを入れるには電源を入れなおすか、一度テストモードに入って抜け出すしか無
い。クレジット限度を調べると、受け付けるのは9クレジットまでの様だ。試しにモンキーボール
もやって見たが同じだった。よく分からないがI/Oボードが原因の様な気がする。理由は今ま
でプレイしていたパネル(I/Oボードは別の物組込み)ではこの様な事は無かったから。今回の
I/Oボードと以前の物との違いは、以前の物は割と初期型だと言う事。なのでファームアップ
されている可能性はあります。もしかしたらサービススイッチ使用が原因なのかも。上の方で
セガの大型物はサービススイッチでしかクレジットを受け付けない・・・。と書きましたがこれは
ゲームテストモードにコインスイッチテストが出てこない為にその様に理解していたのです。
そこで改めてゲームの配線図を確認すると、やはりコインスイッチはあります。今まで考えた
事は無かったが、コインテストはJVSテスト内で行うのでは・・・と言う気がしてきた。ではなぜ
コインスイッチが効かないのかなのですが、どうやらコインカウンタを繋がないとダメらしい。
昔のタイトーの基板がそうだった様に。使用するカウンタはカウント入力に5Vの電圧を加える
タイプ。主催者はこのタイプのカウンタは持っていません。カウンタの入力端子を閉じてカウ
ントするタイプの物ならあるのですが、今回の用途には使えません。しかしカウンタなんて個
人所有では必要無いですから、同じ様な物(例えば5Vのリレーとか)でも問題無いはず。もっ
と言うと抵抗でもいいと思う。そこでI/Oボードのカウンタ接続部に130Ωの抵抗を繋いで見ま
す。すると・・・。アッサリ受付。下の写真の通りクレジットも9以上入ります。サービススイッチで
クレジットが9までしか入らなかったのは、サービススイッチでのタダゲーに限度を付ける機能
が追加された為の様です。めでたくコインスイッチ入力が使える様になったので、コネクタ基板
のコイン/サービスの切り替えスイッチは削除しました。基板自体も改良の結果、現在は下の
様な形になっています。

コインスイッチが有効になった





フライトコントローラーの製作 トップ