トップページ

アーケードゲーム

家庭用ゲーム機の主流がファミコンとかPCエンジン、ようやくSFCが
出てきたと言うころは、ゲームセンターのゲームは何倍も凄かった。
まだまだCGボードが発展途上で、スプライトがどうとか、使える色数が何色とか、
性能が進歩するたびに新しい表現法を駆使したゲームが開発されていった。
作りたいゲームがあって、それを実現するために新たにハードを設計していく、
当時のアーケードゲームはそのような環境で作られていたのだ。
そんな中、アーケードゲームを個人でも購入できることを知った主催者は
プレイ環境が無いにもかかわらず、ゲーム基板を買ってしまったのだった・・。



JAMMA規格システム


オールJAMMA化計画


JVS規格システム


SEGA HIKARU基板


チャンネルスイッチ


ローリングスイッチ


ループレバー


4・8方向切替レバー


アナログコントローラー


ベラボースイッチ


太鼓の達人用パネル


JVS規格のつなぎ方


液晶モニターでゲーム
基板をプレイ


セガ エース
アタッカーを起動


ゲーム基板
を自己修理


液晶モニター用
ゲームラックの製作


ローラーでサイクル
マー坊をプレイ


色々な液晶モニターに
ゲーム基板を映してみる


15khz液晶で1&2&
3画面モニターを製作


JAMMA/JVS対応
コントロールボックスの製作


ゲーム基板
を自己修理 2


ときメモおしえて
ユアハートをプレイ


センサー式ループレバー


ゲーム基板の収納


アタリ 720°
をプレイ


タイトー RCでGO!
をプレイ


SEGA chihiro
を起動


自宅にピンボール
マシンを導入


SEGA
リンドバーグを起動


ゲーム基板を
自己修理 3


ゲーム基板用
センサー図鑑


フライトコントローラー
の製作


トリプルコントローラー
の製作


ジョイスティック
レバー比べ


アタリ
ザイボッツを起動


タイトー
コンチネンタル
サーカスをプレイ


バリー・ミッドウェイ
トロンを起動


ドンキーコングU
をプレイ


アタリ
スターウォーズ
をプレイ


ベクタースキャン
モニターの整備


新アップスキャン
の表示テスト


アタッシュケース型
コントロールボックス


ディスカバラTVを
アーケード用に改造


タイトー
チェイスH.Q.2を起動


アタリ
ペーパーボーイをプレイ


アタリ
メジャーハボックを起動


ジョイスティック
レバー比べ2