トップページ

アーケードゲーム トップ

ゴルフィンググレイツ用レバーの製作

今回はコナミのゴルフィンググレイツのショットレバーを製作します。主催者は遥か昔(1993
年ごろ)ゴルフィンググレイツの基板を入手しました。残念ながらパネル無し、基板のみでの
入手でした。当時ゴルフィンググレイツはまだまだ現役のゲームですが、価格は5000円だった
様な記憶があります。安価だったのはパネル無しだったからです。入手時基板屋の人に「たと
えばセガのゴルフゲームのパネルとか使えますかね」と電話で聞いたのですが「分からん」と
言う返事でした。主催者としては、もしかしたら使えるかも知れん、と勝手に考えて基板を入
手してしまいました。結果はもちろん使えません。セガはリードスイッチ式なのに対し、ゴル
フィンググレイツはボリューム式で全くの別物。取説を一目見て「こりゃアカン」と理解しま
した。しかし考えようによってはラッキーです。セガの様に複雑なパネルでは無くボリューム
が一個付いているだけなのです。そこで取説の通りにボリュームを接続、操作してみると見事
に動作。要はスプリングではじく構造にすればいいのです。それで当時、有り合わせの部材で
ショットレバーを製作、パネルに仕立ててプレイしていました。ちなみに当時のパネルですが
現在はもうありません。5~6年プレイして基板ごと売却してしまいました。当時のショットレ
バーを記憶を頼りに書いたのが下の図です。ラジオ用のボリューム延長シャフトにスプリング
をセット、その上に薄型のノブを付けてノブの上に3本の柱を立て、上に押しボタンスイッチ
を付けます。このままではカッコ悪いですから、釣具屋ででかい玉ウキを買ってきてカバーに
していました。




さて、それから年月が経って今度はゴルフィンググレイツ2を入手しました。今度はパネル付き
です。それで当時の配線システムに合う様に配線を製作、プレイしていましたが、その後配線シ
ステムを大幅に変えました。JAMMAはそのままで問題無いのですが、専用パネル使用ゲームは
全て配線し直しです。で、いくらかは更新したのですが、まだしていない物もあります。ゴルフ
ィンググレイツ2は更新していませんからプレイ出来ないのです。パネルは天井裏、ハーネスは
どこかにある?はずです。かれこれ15年は経過しています。そんな中、初代ゴルフィンググレイ
ツも縁あって再入手。こっちはこっちで別にハーネスがいります。兼用は出来ないのです。その
様な訳で、初代も2もデモ画面を見てるだけの状態です。そこで思い立ちました。「ゴルフィン
ググレイツ用ショットレバーは、過去に割とアッサリ出来た記憶があるからもう一度作ってみよ
う」。それで昔を思い出しながら今の技術で作りかけたのですが中々出来ません。ショット動作
はいいとして、てっぺんにあるトップボタンの部分がどうにもまとまらないのです。下の写真は
1年ぐらい前に作りかけたもの。




要点は①トップボタンをしっかりナット止め出来る構造にする。②トップボタンの配線をシャフト
の中を通して引き出す。③丸い化粧ボディをかぶせる。この3つなのですが、①のトップボタンを
ナット止めする為には、取り付け部にスペースがないとナットが締められませんから、この部分は
太くなります。構造としてはシャフトに太いボタン取り付け部を接続する事になります。②のシャ
フトに配線を通すのは、回転止めストッパーの上までとするか、もっと下部まで通すか、と言う問
題があります。過去に作った物は回転止めの上まででしたが、配線引き出しのスマートさを考える
ともっと下部まで通したいところ。③の化粧ボディは、オリジナルの様に左右分割は考えておらず
過去作の様に丸いのをかぶせるのがラク。しかしそうなると途中にネジの頭等の出っ張りがあると
はめ込む事は出来ませんから、均一に仕上げる必要があるし、はじく為の取っ手の取り付けも必要
です。その様な事が重なり遅々として進まなかったのです。しかし最近になってΦ12㎜のパイプを
見つけました。このパイプにネジを切って、ジカにトップボタンを付ければ固定の問題は解決する
のでは?と思い付き、タップを買ってきてネジを立て、セットしたところ上手く固定出来ました。
これで上記の①と③が一気に解決しそうです。ここで以前買ってあったオレンジ色のピンポン玉を
加工、付けてみたのが下の写真。ついでにはじく為の取っ手も適な部材で作ってみました。




トップボタンの部分が出来たら次はシャフト。1年ぐらい前の時はシャフトは3パターン作ったので
すが、どれも上手くいかず。理由はシャフトにタップを立てて、横から回転留めストッパーネジを
固定する方式だったためで、そこが線の通行を遮ってしまうのです。なのでシャフトにタップを立
てるのではなく、円盤状の回転止めをシャフト外周に溶接で付ける様にします。この方法だと中を
通る線に干渉しませんから、スプリングやストッパーの位置も自由ですし、角度がずれる事もあり
ありません。ただやり直しは出来ないので位置等の具合が悪い場合、全て作り直しになってしまう
欠点はあります。それで作ったのが下の写真。




シャフトが出来たので次は本体。以前は本体の上下を繋ぐ6角スペーサーで回転留めストッパーネジ
を受ける構造でしたが、今回は中で円盤状のストッパーが回る為、本体の上下を繋ぐ6角スペーサー
では受けるのは無理がありますし、寸法的にも合いません。それで新規に作ったのが下の写真。製作
はシャフトのセンター精度に注意して行います。




次はスプリングの加工。この様な用途にピッタリのスプリングは市販品にはありませんから、汎用品
を自分で加工します。本当はもっと直径の大きなスプリングがいいのですが、直径が大きくなるとス
プリングの線径も太い物しか見当たらず、今回の用途には強すぎて不向きになってしまうので、ぎり
ぎり妥協できる写真のサイズにしました。パーツが出来たら早速組み立てです。シャフトを取り付け
てとりあえず動くのを確認したら、ストッパーの位置を決めます。ストッパーはM4のネジにウレタン
のエアホースを被せ、衝撃吸収と消音を兼ねています。ここまで組んだらメカ部分はほぼ完成ですが
作ったものが上手く動作するかは実際にゲームをプレイしないと分かりません。




ここまで出来たら最後に化粧パーツの加工に入ります。ピンポン玉のサイドに穴を開け、併せてトッ
プボタンを取り付けているΦ12㎜のパイプとシャフトにも穴を開けてショットレバーを固定します。
最後にボリュームを付けます。コナミ純正のショットレバーではこの部分はギアを介してボリューム
を回しています。主催者のやり方ではギアは使わずに付けていますから、シャフトの回転軸とボリュ
ームの回転軸は同一軸になります。この場合それぞれの僅かな偏芯により、動作に不具合が出ると思
われますので、ボリュームの取り付け鉄板に若干のガタを持たせ、偏芯を吸収させています。下の写
真ではボリュームも取り付け、メカ部分の加工が完了したところです。




いよいよ配線に入ります。トップボタンの配線は、まずシャフト内に線を通します。続けてΦ12㎜の
パイプに線を通し、そのままトップボタンにハンダ付けします。次にパイプの方を回転させてトップ
ボタンをパイプににねじ込み、それが出来たらシャフトに被せます。それでシャフトに被せたところ
スイッチの端子とシャフトの先端がぶつかって奥まで入らない事が判明。ここはスイッチの端子を短
くカットしてセットします。次はいよいよピンポン玉とショットレバーの取り付けになります。その
取り付けですが何だかすごく難しい。ピンポン玉の穴とΦ12㎜のパイプの穴とシャフトの穴が中々合
わない。実際にはパネルに取り付ける時が本番な訳ですが、この時点でこれでは難しすぎてアカンや
ろレベル。この部分はシャフトとΦ12㎜のパイプをゴム系或いは瞬間接着剤で仮止め状態にしておけ
ば、意外と簡単に出来たのでもうこれでいいや。




次にボリュームの配線を行います。ボリュームに繋ぐ電源の極性は初代ゴルフィンググレイツでも2で
も同じでした。これは助かった。しかし基板に繋ぐコネクタ側は違いました。コネクタ自体は同じ物
(日圧NHコネクタ12ピン)なのですが、ピン配置が異なります。下の写真で左が初代、右が2です。2
では更に2Pプレイヤーのコントロール入力が3番ピンに来ます。ううむこの辺りは共通化してほしかっ
た。ともあれ、基板に繋いで動作を見てみます。すると・・・。おう、動くやんけ。久々に見る動作に
感動。そういや、初代では選んだプレイヤーキャラによってショットレバーを引いた時のエフェクトが
異なっていたなあ。しかしプレイするのはまだ早い。ボリュームの角度とゲーム内動作の調整をしなく
てはなりません。




レバー原点の位置から少し角度を付けた状態でゲーム内キャラがクラブ動作に入る様にしますが、2で
ピッタリに合わせると、初代では既に30%ぐらいクラブを振った状態です。ここは初代に合わせます。
2ではショット角度を30°ぐらい振った時点でようやくクラブ動作に入る訳ですが、これはプレイ上あま
り違和感を感じません。で、調整もできたしいよいよプレイだ、と喜んでゲームを開始しますが、何か
ヘン。クラブ振り始めはゲージが遅々として上がらず、後半はいきなりゲージが上がってショットパワ
ーの調整がすごくしにくい。これはもしや・・・。そう、ボリュームのタイプがAカーブだった。Aカー
ブは音響機器の音量調整に使われるやつで、ゲームには不向きだった。ボリュームの印刷が消えており
タイプ判別が出来なかった。これはBカーブのやつに交換します。なお、通常ボリュームは買った状態
のままだと回転軸のグリスが効いており回転動作が重いです。これは勝手にボリューム位置が変わるの
を防ぐ為にわざと重くしているのですが、ゲーム用には軽い方が都合がいいので、グリスを取り去り、
回転を軽くしてから取り付けます。下の写真は交換したボリューム。




ショットレバーは完成しました。早速パネルに付けてみます。玉の部分は純正より大きいのですが違和
感無くまとまっています。昔作ったやつでは玉の部分が釣り具のウキでした。今回はピンポン玉な訳で
すが、割と弾力性がありすぐ壊れる事はなさそうです。早速これで初代をプレイしたところ、ショート
ホールでなんとホールインワンが!!うお~こりゃすげえ初めて出た!!!と感動したのですが、画面
にはホールインワンと出ただけでした。う~む・・・。ここはもっと、祭りだ!保険だ!!と言う感じ
のヒャッハーな画面が出てほしかったところ。なお初代のボタン類は通常のJAMMA端子から出ており、
ショット入力(ボリューム)のみ拡張端子になっています。一方ゴルフィンググレイツ2はボタンが6つ
と言う事もあり、ボタン類も全て拡張端子に接続となっています。




■








ゴルフィンググレイツ用レバーの製作 トップ