トップページ

アーケードゲーム トップ

ループレバー

■ ループレバー

ループレバーはSNKが開発したレバーで、マイキャラの進行方向とは別方向にショットが
撃てると言う物です。例えば戦車などで前に進みながら横に発砲できるわけです。

仕組みは、レバー軸の末尾に12接点のロータリースイッチが付いていて、軸を回すとマイ
キャラも回転し、ショット方向が変わります。マイキャラは8方向にショットが可能です。
スイッチは12接点なのに、8方向に発射とはヘンな感じです。仕組みはよく分かりませんが
ゲーム開始時には、ロータリースイッチの接点がどの位置にいてもマイキャラは前を向いて
ゲームが開始される様になっています。このあたりの融通を利かせるために12接点の
スイッチが使われているのかも知れません。



ループレバーの構造は上記の様な物なので、レバーの末尾にロータリースイッチを付ければ
製作はOKです。軸を回した時にロータリースイッチが本体ごと回ってしまわない様にストッパー
を付けるのがポイントになります。

さて、ここで実際にループレバーを製作してみましょう。レバー本体には、セイミツLS-32を使用します。



使用するロータリースイッチはアルプスSRN101CNを使用。軸の中心にM3のねじ穴を開けます。
軸の中心に正確に穴を開けたいところですが、実際には少しずれていても動作には影響なかったりします。



次にレバー軸を外し、こちらも中心にM3のねじ穴を開けます。この部分に寸切りのネジを通し、
ロータリースイッチと接続するわけです。右側の写真は回転止めのストッパーです。穴が3つありますが、
大きいのはロータリースイッチ取り付け用、その下のはスイッチに付いている回転止め用。左上の穴は
ロータリースイッチからの配線を固定する穴です。この金具は結構消耗する部分なので、厚めの鉄又は
ステンレスで製作するのがポイント。寸法はカット&トライで決めます。割とアバウトでもOKです。



LS-32の写真の部分に回転止め金具のストッパーを取り付けます。元からあったタッピングネジを
取り外しM4のタップを立てます。そこに直径6mm、長さ23mm程度のステンレスパイプをM4の
長めのネジで固定します。右の写真はロータリースイッチを回転止め金具に付けたところです。
レバー軸との接続は、切断したM3ネジを使用。空回りを防ぐために菊ワッシャをはさんでいます。



メカ部分の組み付けはほぼ完了です。後は配線になります。ここまでくると欲しくなるのが、
ループレバー用の8角の握り手。普通の丸い握り玉でも問題なくプレイできるのですが、
やはり8角でないと気分が出ないですね。主催者はアクリル板を台形に切り出して接着。
その後8角に削りだして、中心にM6のタップを立てて最後に塗装します。



ここで配線なのですが、使用するロータリースイッチのタイプによっては、回路に少し工夫が
必要になります。オリジナルのロータリースイッチはショーティング型と言う物で、次の接点に
切り替わる時、前の接点と一瞬ショートします。現在売られているロータリースイッチで、12接点の
物は、ノンショーティング型が多い様です。このタイプは切り替わる時、どことも接触しないオープン
状態が一瞬発生します。この時に一部のゲームではマイキャラがヘンな方向を向いてしまうのです。
今回使用したSRN101CNもノンショーティング型なので、共通端子以外の各端子間に0.1μFの
コンデンサを繋げて電気的に一瞬のショート状態を作り、動作を改善しています。



後はロータリースイッチと基板に繋ぐコネクタ(JSTのNHコネクタの13ピン)を接続します。
ゲーム基板のGNDがロータリースイッチの共通端子になります。配線が13本もあるので大変です。
左の写真で18と言う刻印がうっすら見えます。これがロータリースイッチの共通端子、右の写真の
白いコネクタ(JST NHコネクタ)のCN7、CN8のところに1と言う印字がありますが、これがGNDです。
この2つを接続して、あとはロータリースイッチの17番を基板の2・・・。と、言う具合に接続していけば
OKです。もしロータリースイッチの回転とキャラの動きが逆の場合は接続順が逆です。





■






ループレバートップ