トップページ

家庭用ゲームトップ

液晶付スーパーファミコン

■ 液晶付スーパーファミコンNo.1

液晶、スピーカー付き筐体のSFCバージョンです。これはリクエストで製作したものです。
SFCの場合、FCよりやや面倒です。コントローラーが差し込み式なので、FCの時の様に
ケースに穴を開けてコントローラーのコードを通すだけの様に行かないとか、カセット
スロットが基板のほぼ中心にあるため、液晶とカセット差込み口のセッティングの方法を
考える必要があります。



ただ、SFCは元からRGB出力がありますので、ビデオコンバーター無しで液晶に接続
できる点は楽。液晶の取り付け方はFCの時と同じスタイルで考える事にしました。
その場合、ソフトはFCの時の様に後側にセットしなければなりませんので、カセット用
コネクタを配線で後側に延長します。写真左は液晶の配線を行ったところ。写真右は
バラバラ状態で動作確認を行っているところです。



装置のサイズが分かったので筐体の製作にかかります。基本となる部分は液晶取付け部です。



完成!FCの時より筐体の高さが少し高くなりました。電源も内蔵で使いやすいマシンです。





■ 液晶付スーパーファミコンNo.2

一体型SFC筐体の製作を再度受けた主催者は早速製作にかかりました。しかしここで気に
なる情報が入りました。一体型SFC筐体にスーパーマリオRPGをセットすると、起動から
数分で止まってしまうと言う情報です。今回はこの症状の検証も含めて製作にかかります。

製作はまず筐体の加工から入ります。電子回路部分は夜でも加工できますが、筐体は
木工なので、晴れた日中に行う必要があります。そのため優先的に行っておきます。



次は内蔵するSFC基板。なるべく小型にまとめる為、使用しないパーツは取り外します。
更にカセットが刺さるコネクタも後ろにずらすため一旦取り外し、リード線で延長します。

まずは写真の状態で動作確認を行います。カセットコネクタの両サイド部分の配線はまだ
ありませんが、この部分を使用しないソフトでとりあえず動作を確認してから、両サイドの
配線をすることにします。



動作確認が取れたら、ここで両サイドの配線を行い、スーパーマリオRPGを接続、起動
します。スーパーマリオRPGは両サイドの端子を使用するカセットです。結果は・・・
すぐに画面がブラックアウト。う〜む。基板、ソフト共に異常は無い様なのだが・・・。

うなっていてもしょうがないので、とりあえず対策を考えねば。両サイドの端子を使用する
ソフトが対象なので、この部分が影響していると考えるのが普通です。まずはこの線を横
に広げ、中央の配線から離してみました。するとすぐにブラックアウトしていた画面が数分
動作する様になりました。効果はある様ですが数分では話になりません。そこで次は広げ
た線をシールド線に交換してみました。左側の白い線です。



シールド線の効果は、ある様な無い様な・・。まあ、あった方がいいかも知れない程度でした。

次に思ったのは、カセットへの電源供給です。ブラックアウトすると、リセットボタンの効きも悪
くなり、動作そのものが不安定な感じです。電源供給は基板上のレギュレーターICが行って
います。本来レギュレーターICには大きな放熱板が付きますが、実験時に大きな放熱板があ
ると不用意に配線が触れ、ショートの原因になるので付けて無かったのです。ただしその時は
ICの温度がものすごく熱くなります。そうなると不安定さが増します。そこで本来の様に放熱器
を付けてみたところ、安定度が少し増しました。電源の安定度もブラックアウトに関係している
様なので、カセットへの電源供給をより安定化させるため、コネクタの電源供給部に電解コン
デンサを付けてみたところ、ものすごく安定しました。



ものすごく安定したと言いましても、1〜2時間でブラックアウトは起こります。そこでもう一度
考えてみます。初期のSFC基板には基板の上下にシールド鉄板が付いていました。しかし
後期型では上部のCPU回りに付いているだけです。理由は後期型の基板下部にはシールド
がプリントパターンで作られているので、わざわざ鉄板で作る必要が無くなったからと思われ
ます。今回使用している基板もシールドパターンがあるタイプなのですが、より安定化させる
ため筐体底板のアルミ板と、カセットコネクタの金属部を基板のGNDパターンに接続してみ
たところ効果はテキメン、一晩中動かしてもブラックアウトしなくなりました。

下はスーパーマリオRPGのカセット基板の写真です。両サイドの端子を使っていると言いまし
ても、片方の部分、それも裏表合わせて2本しか使っていません。写真の裏側にもう一本走っ
ています。なお、カセットのケースにはSFC本体側コネクタの金属部に導通させる接点が付い
ています。この端子はバックアップ電池などのGNDにつながっていますが、ここを経由しなくて
も接続端子できちんとGNDとつながっています。より安定化させるための対策でしょうか。



いよいよ最終組み込みです。線の数が多く、しかもノイズなどを考慮して配線は全体的に
短めにしましたので、組み込み時には断線や挟み込みの無い様、注意しながら行います。



ようやく完成!これで安心してスーパーマリオRPGがプレイできます。





液晶付スーパーファミコントップ