トップページ

アーケードゲーム トップ

タイトー チェイスH.Q.2を起動

主催者はタイトー チェイスH.Q.2のゲーム基板を入手しました。これは1988年発売のカー
チェイスゲーム、チェイスH.Q.の続編です。正確にはチェイスH.Q. 、SCI、スーパーチェイス
に続く4作目になります。ゲーム内容は通常のレースゲームと異なり、警察車両に搭乗して
容疑者の車にガンガンぶつけて逮捕するのが目的。ぶつけるのが目的、と言うのがウケた
と思います。やっぱりね、これみたいに短時間でスカッと出来るゲームがよりゲーセン向き
だと思うのです。ちなみに画面はスーパーチェイスまではスプライトによる疑似3Dでしたが、
本作ではさすがにポリゴンになっています。売りに出ているのを見た主催者は「ポリゴンの
チェイスH.Q.・・・。これは買わないかん!」と思い、勢いで入手してしまいました。

しかし冷静に考えるとなんかヤバイ気がします。それと言うのもチェイスH.Q.2はTYPE-X2
なのです。主催者はTYPE-X2は触った事がありませんし、近頃の基板はシステムに一つ
でも欠陥があるとエラーになってしまい、ゲームの起動すら出来無いとかあります。基板は
取説無し、ドングル無し、画面は出たけどジャンク品と言う物でした。さすがに気になって
「ドングルは無くてもいいのか?」と聞いてみましたが、最初から無かった?との事らしい。
うは〜どうするワシ。しかしもう遅い。届いたらとにかく画面を出して見る事にします。




モニター、音声、I/Oボード(タイトーのは無いのでセガのやつ)の接続をして電源をON。
すると・・・。まずTYPE-X2の画面が出て普通に起動。そのまま普通にブートが終了。ど
うやらドングルのエラーは出ない模様。その後、ハンドルキャリブレーション画面が出ま
すが、ハンドル等の接続は無いので放置。するとキャリブレーション不良の画面が出て
次のネットワークチェックの画面に。これは元からシングル設定だったので問題無く終了。
そしてついにゲームの起動画面が。おぉ!起動した!と喜んだのですが、何かヘン。




タイトル画面が出たものの、固まっている様な?下の写真左のCHASE H.Q.2の画面がピクリとも
動かず10秒間ぐらい出ています。ハテ?と思いながらそのまま画面を見ていると、ゲームのデモ
に切り替わりました。しかし・・・。デモ画面では画面が一定間隔でフリーズします。1秒動いて3秒
固まる、を繰り返しています。ただ音声は途切れる事無く鳴っています。下の画面右がデモ画面
ですが、道路とか背景がブレる事無くキレイに止まって写っています。画面がフリーズしている為
です。こりゃアカン。




これはやはりドングルが無い為では?と一瞬思ったのですが、必要とされるドングルが無い状態
でゲーム画面が出る事は通常ありえません。なのでここは無くていいと考えるべきでしょう。では
ナゼ画面がフリーズするのかですが、I/Oボードが合わないとか?そこで別のI/Oボード(こちらも
セガ製、セガのしか持っていない)で試したのですが、どれも同じ結果だった。ここで(ドングル不
要で起動するのならば、I/Oボードが無い状態でも起動するかも知れない。もしそうならI/Oボード
無しの方が安定起動するかも知れない)と思い立ち早速試したのですが、さすがにそれは甘かっ
た。普通にI/Oエラーになりゲーム画面すら出ませんでした。そうなるとやはりI/Oボード適合の問
題なのか?そう言えばタイトーでは高速I/Oと言うのがあった。これはTYPE-X2以降に出たと思う
ので合致する可能性はあります。どちらにしろタイトーのI/Oボードは単品での出回りが少なく入手
性が悪いので、すぐに対応は出来ません。なのでタイトーI/Oについてまずは調べてみます。そ
れで分かったのはチェイスH.Q.2にはタイトーのUNIVERSAL JVSと言うI/Oボードが有効らしい?
と言う事。そこでこのI/Oボードの在庫について日本中の基板屋に問い合わせましたが、どこも持
って無い上に”セガのI/Oボードで画面がフリーズするのはマザーの故障では?”と言われる始末。
まあ確かに動作未保障の基板なので、故障の可能性も無くは無いのだけれど。ここはタイトーの
I/Oボードが入手出来るまで暫く休止するしか無さそう。

※なお、その後高速I/Oを見たのですが、高速I/Oはゲーム基板との接続がUSBでは無く8ピンの
モジュラージャックになっており、モジュラージャック付きインターフェイスボードが付いている基板
でのみ接続可能な様でした。チェイスH.Q.2には付いていませんでした。

さて、それから半年ほど経って、タイトーのI/Oボードがオークションに出ているのを発見!残念な
がらUNIVERSAL JVSでは無かったのですが。しかしタイトーのI/Oボード自体の出物が中々無い
ですし、タイトー製なら合致する可能性がありますからこの際入手しました。下の写真がそうで、
左は恐らくビューリックス筐体内蔵品と思われる物。一方、右のはセガのI/Oボード(93番)によく
似ていて、アナログ入力コネクタのパターン等セガの物にそっくりです。共通互換なのかも(未確
認)。更にこのI/Oボードはビデオアンプと音声アンプも内蔵していると言う豪華版。これはどうや
ら、旧来のブラウン管式JAMMA筐体にJVSを繋ぐ為の製品と思われます。その証拠に音声のL
チャンネルはJAMMAのカードコネクタに出力されているし、モニターの電圧も3V系→5V系に上げ
ているっぽいです。ただ映像出力はJAMMAに繋がってはいますがRGB出力のダウンスキャンは
していないです。




それで早速繋いで見たのですが・・・。結果は両方ともNG。画面がフリーズします。アカン。また保
留だ。ちなみに画面のフリーズ以外にも、全ての入力が無反応です。コインも無反応ですし、テスト
モードにも入れません。

しかしそれから更に数週間経って今度はUNIVERSAL JVSがオークションに出ているのを発見!
ただしチェイスH.Q.2用ではなくてハーフライフ2用なのですが。しかしこのチャンスを逃したら次は
いつになるか判りません。なので今回もダメ元で入手します。オークションは特に競合も無くその
まま終了、落札しました。




さてUNIVERSAL JVSが届きましたがピン配列が不明です。まずは基板のパターンから電源接
続部を割り出します。電源さえ解れば動作確認が出来ますからね。上の写真でI/Oボード右側
の日圧VHコネクタが電源接続部でした。仮配線で電源を接続、ゲームを立ち上げると・・・。今
度はフリーズしない!やっぱりUNIVERSAL JVSが有効と言う噂は本当だったのだ。下の写真
右では先ほどのと違い、道路が流れて写っています。




画面が良くなったら次は入力ですが資料が無く全く不明です。仕方なくまた基板パターンから推
測します。以前見たチェイスH.Q.2用のI/Oでは、TAITOロゴの横にある白いコネクタ2点は実装
されていませんでした。なのでこの部分は不要と思われます。使用するのは黒い50ピンのコネ
クタ。それで50ピンコネクタのパターンをたどると、右半分はフォトカプラに、左半分はトランジス
タアレーに繋がっています。更に右半分の端の数点はフォトカプラ無しでどこかに繋がっていま
す。これはフォトカプラの部分がデジタル(スイッチ)入力、フォトカプラ無しの部分がアナログ入
力の可能性が高い。一方、トランジスタアレーの部分はランプ点灯とかでしょう。それで現在の
バラバラ配線では入力チェックは厳しいですから、ここでコネクタのハーネスを作ります。それが
下の写真左。それで順に信号を当って行くと、最初にコインがヒットしました。そして次にテストが
ヒット。テストモードに入れればチェックは一気に捗ります。テストモードからI/Oチェックに入ると
アナログ項目もあります。それで先の50ピンコネクタの端の部分にボリュームを繋げると、見事
に反応、アナログ入力も特定する事が出来ました。




基板の動作確認が取れたので次はコントローラーです。今までだとアナログレバーを使った自作
のコントローラーになるのですが、今回はハンドルコントローラーで行きたいと思います。家庭で
使用する場合、業務用ゲームと言えども家庭用のハンドルコントローラーを流用するのが一般的
かつ手軽。それで主催者も家庭用を一つ買ってあったのですが、その後丁度いいサイズの業務
用ハンドルコントローラーを見つけましたので、今回こちらを使用します。余談ですが良く出回って
いる業務用ハンドルの中古(コクピット筐体用)は、とにかくでかいので家に持ち込んだ途端ギブ
アップ間違い無しです。過去に主催者は特にでかいやつを入手してしまい、結局一度も使用する
事無く手放しました。ステアリングシャフトが1mぐらいあり、重さも相当な物で、持ち運ぶだけでも
相当きつかった記憶があります。なので家庭で扱うにはアップライト筐体に使われる小型タイプ
が狙い目です。で、入手したハンドルコントローラーを改めて見てみると、何とタイトー スーパー
チェイス用でした。シフトレバーとか全く同じです。何たる偶然。正にうってつけ。




早速ハンドルコントローラーに枠を付けて使える様にします。パネルを支える底板と天板は木材、
両サイドは鉄板を使用。あと、ハンドル根元のボリューム取り付け部が曲がっていたのでこれを
修正、ボリューム自体も回転にガリがあり、動作も重かったので国産のゲーム機用ボリュームに
交換します。あと各部のクリーニングとグリスアップもします。下の写真右が枠にセットしたハンド
ルコントローラー。




ハンドルコントローラーを準備したら次はペダルコントローラーも必要です。ペダルは過去にまとめ
て入手したジャンク品に入っていた物があるのでそれを使用します。入手した状態のまま仕舞って
あった事もあり、改めて見たら凄いホコリ。だけど破損は無いので整備したら良くなりそう。




こちらも先のハンドルと同じ様にケースを作って取り付けます。うむ、中々コンパクトでいい感じだ。




コントローラーが形になったので配線に掛かります。UNIVERSAL JVSはハンドルコントローラー内
に収納します。せっかくのハンドルコントローラーですから他のゲームにも使える様にUNIVERSAL
JVSとコントローラーとの接続はコネクター式にします。ここで一応配線が繋がったので動作確認
をします。ハンドルボリュームの電圧の掛け方が逆だとハンドル動作も逆になるからです。それで
ゲームを起動したのですが、ハンドルを繋げたにもかかわらず、まだハンドルキャリブレーションが
NGになります。ハテ?まあいいや。そのままゲームをプレイします。しかし・・・。アクセルが利かず
走りません。走らないのでハンドル動作も分かりません。そこでテストモードにして動作を見ます。
するとハンドルは方向が合っているのかどうかは分かりませんが反応はしています。しかしここで
アクセルとブレーキが入れ替わっているのを発見、これを直します。次いでアクセル、ブレーキの
キャリブレーション調整もします。キャリブレーション調整は画面の指示通りにしたのですが、それ
でもキャリブレーションがNG。相変わらず車は走りません。しかし何かの弾みで一瞬だけダッシュす
る時があります。もしかして・・・。ペダルコントローラーのボリュームの電圧の掛け方が逆でした。
ペダルコントローラー入手時の配線をそのまま使用したら逆だった様だ。そこでこれを修正、改めて
ゲームをするのですがまだ動きません。ゲームプレイ画面では、ペダルを踏むとアクセルとブレーキ
の動作が逆になっている様な?テストモードでは正しいのだが・・・。良く解らんが、とにかく再度逆
(元通り)にしたら動いた。

ゲームがプレイ可能になりました。で、初プレイの感想はすこぶる快適。初プレイしと言う事もあり
アクセルベタ踏み、ギアはHIに入れっぱなしでのプレイ。この辺はじっくりプレイして見極めよう。
さて、せっかく作ったコントローラーですから、他のゲームでも使用したいところ。そこで変更用の
ハーネスを作ります。他のドライブゲームはパワードリフトとアウトラン2、クレイジータクシーハイ
ローラーがあります。アウトラン2とクレイジータクシーはchihiro基板なのですがchihiroはゲーム
基板側にI/Oボードが付いていて、言わばJAMMA化してありますから、パワードリフト用に作れば
こちらも行けるはず。そこでこれらの配線を完了したのが下の写真。なおチェイスH.Q.2のパトライ
ト兼ニトロボタンはスイッチが外付けになるのでまだ付いておりません。




JAMMAのゲームも可能になりましたので早速パワードリフトをプレイします。で、プレイした感想を
申しますと、操作性は違和感無く良好なのですが、とにかくハンドルが軽く感じられ、結果ハンドル
を切りすぎます。先ほどのチェイスH.Q.2ではその様な事は無かったのだが、この差は・・・?。これ
は想像なのですが、チェイスH.Q.2はポリゴンでパワードリフトはラスタースクロールです。ポリゴン
では遠くのカーブはクイックに見えても近くに来るに従いなだらかになります。対してラスター式で
は画面の横ラインの並びでカーブを再現しますから、遠くでも近くでもクイック、操作はかなり忙し
いです。この違いがプレイ感覚に出た様な気がします。あとパワードリフトはやり慣れているせい
か、改めてハンドルでプレイするとプレイ姿勢が気になります。何か軽トラの運転席でプレイして
いる様な・・・。実際その様な姿勢でのプレイなので仕方が無いのですが。

続けてパワードリフトをプレイしていて気付いたのですが、プレイ開始時にキャラクターが選択出来
ません。これはアクセルペダルのボリュームの変化量が少ないからでは?と思い、テストモードで
確認すると何とこちらもアクセルとブレーキの反応が逆になっています??。しかしこちらもゲーム
プレイ上はOKだし。それでテストモード上でのアクセル、ブレーキの数値変化を見ると、変化がC3H
〜6FHと少ない。そこでボリュームのピニオンギアの位置を変えて変化量を増やして見ます。そして
数値を見ると、ペダルを踏んでいない状態でFFHに。これは電圧の掛け方が逆では・・・。そこで電圧
の配線を逆にします。ついでにアクセルとブレーキも入れ替えて様子を見ます。それでゲームをプレ
イすると、ペダルの動作がテストモード通りの正常状態に。しかしまだキャラクターは選べませんし、
スピードも最高54kmしか出ません。そこで再度ボリュームのピニオンギアの位置を変更、数値変化
を82H〜DFHにします。するとキャラクターは選べるし、最高速も244km出る様になりました。




パワードリフトが良くなったので再度チェイスH.Q.2でトライします。アクセル、ブレーキは入れ替えた
ままの状態です。それでゲームを立ち上げたら、まずテストモードに入りペダルのキャリブレーション
調整を行います。動作を確認すると、当然アクセルはアクセル、ブレーキはブレーキで反応していま
す。それでゲームをプレイすると・・・。なんか知らんが正常になっている。更に今迄はゲーム開始時
のマイカー選択が一瞬で終わってしまい、選択が殆ど不可能だったのがこちらも正常になっている。
もう細かい事は考えない!良く分からんが、よかったよかった。

さて、I/Oボードからは入力の他に出力も出ています。照光式ボタンスイッチのランプ出力とかなの
ですが、他にもパトライトとハンドルモーター出力が出ています。パトライトは12V出力が6つ出ており
一定の発光パターンで光ると思われます。しかし実際どの様なパターンか不明です。主催者はゲー
センで稼働しているのを見た事が無い為です。まあこれは実際に光らせて具合を見るしか無いでしょ
う。一方ハンドルモーターですが、こちらも動作は分かりません。ただの振動モーターなら何とか出来
そうですが、ハンドリングに対応しての反発動作なら専用メカが必要となり、対応はほぼ不可能です。
どちらにしろ対応モーター(12V駆動のモーター)の手持ちがありませんから実験も不可能です。なの
でこちらは今回見送ります。

それでパトライトの出力端子を出力No順にLEDを6つ並べて点灯実験をします。するとニトロの発動を
すると6つの内、中心の2つが交互に点滅、左右の2つは高速で点滅する事が判明。この部分はライ
トの並びで変えられますから、これが正しいのかはやっぱり不明なのですが。なお、ゲームプレイの
後、デモ画面にしておいたらニトロ使用時と同じ様に光っていました。ふむ。ゲームをしなくても発光
確認は出来るのだね。下の写真中は実験での並び順にLEDをアルミアングルに取り付けたところ。
丁度使えそうな赤いレンズパーツがあったので、これでパトライトを再現します。後はパトライト兼ニト
ロボタンをケースを作って取り付けます。下の写真右は完成したハンドルコントローラー。




チェイスH.Q.2とパワードリフトがプレイ可能になりました。そこで次はクレイジータクシーハイローラーを
プレイします。上の方でJAMMA化してある・・・と書きました。なのですぐにプレイできるだろうと思って
いたのですが、いざ起動して見ると車が前に進みません。ハテ?と思い画面をよく見ると、ギアが前進
に入りません。そうだった。このゲームはバックが出来るのでシフトレバーは前進と後退の両方に接点
が必要だったのだ。そこで急遽シフトレバーにスイッチを追加します。下の写真で白いスイッチです。




ただ本来シフトレバーはハネ返り型センターOFFの接点なので入れた時に一瞬ONするだけです。今回の
構造では前進に入れると前進の接点がONのままになります。それでもしかしたら不具合が出るかも知れ
ないと思っていたのですが、実際にプレイすると特に不具合無くプレイ出来ました。いや〜今迄アナログ
レバーでプレイしてきて、動作的には十分まともにプレイ出来てた訳なのですが、改めてハンドルでプレイ
するとメチャ楽しい!作って良かったハンドルコントローラー!!




では次にアウトラン2をプレイします。クレイジータクシーが思わぬ落とし穴にはまったので、ちょっとイヤ
な予感。それでゲームを起動すると、最初のスタート時に車が前進しません。オイオイと思いながら、テ
ストモードを開くと普通に反応しています。それでゲームに戻ったのですが今度は動作しました。うーむ
何かソフト変更時の最初の起動時だけもたつく?感じ。何か自動でキャリブレーション調整してる様な?
とにかく無事操作出来ました。しかしこちらもまたハンドルが妙に軽い。先ほどパワードリフトでも軽い、
と書きましたが、こちらはポリゴンでかつ高速。画面の重量感と実際のハンドリングに差がありすぎ。こう
なるとさっきのパワードリフトも単なる慣れの問題だったのかも。とか言いながらも、ハンドルでの操作は
やはり違う。もうアナログレバーには戻れませんな。で、今のはオートマチックでのプレイ。次にマニュアル
でプレイして見ます。するとシフトチェンジ出来ません・・・。あぁ中々上手い事いかんなあ。原因はやはり
シフトの構造。本来のシフトレバーは上のクレイジータクシーと同じでセンターOFF。アウトラン2で使用す
る場合、一回入れるごとに一段シフトします。使っているシフトレバーはセンターOFFではありませんから
シフトを動かすたびに一段入る→一段戻る、を繰り返して結果シフトアップしません。どうする??今の
シフトレバーをセンターOFFに改造するなんてハッキリ言って無謀。それをするなら一から全部作った方
がマシ。なので今のまま何とか使える様に考えます。それで作ったのが、普通にシフトレバーを上下させ
るとシフトアップ、シフトのボタン(チェイスH.Q.2用のニトロボタン)を押しながら上下させるとシフトダウン
する回路を作って対応しました。なおビューチェンジ用のスイッチがありませんが、これはチェイスH.Q.2
のパトライト兼ニトロボタンを使用します。




回路を作った後で思ったのですが、シフトレバーの上下でシフトアップ、シフトのボタンでシフトダウンで
良かった様な気がしてきた。こっちだったら回路なんて要らなかったかも。しかし実際プレイするとこれは
これで快適でした。せっかく作ったのだからこのままで行きます。これでアウトラン2も良好にプレイ出来
る様になりました。




4種のドライブゲームがプレイ可能になった訳ですが、プレイ感覚は結構違います。チェイスH.Q.2と
クレイジータクシーは豪快なプレイと言うか、適当にプレイしてもそこそこ進めます。しかしアウトラン2
はタイムがシビアな為、丁寧と言うかスマートな運転が要求されます。パワードリフトもミスの無い操作
が必要なのですが、こっちは3位入賞出来れば次のステージに進めるので一回ぐらいコケても何とか
なる場合が多いです。

以前主催者はもっとドライブゲームを持っていたのですが、結構手放しています。飽きたのでは無く、
どう頑張ってもクリアできない(コントローラーが合わず、まともなプレイが出来ない)為だったのです。
パワードリフトなど、一度手放して後年倍額以上で買い戻しています。最初からこの環境だったらまた
違った結果だったかも。コントローラーは大事!です。



■








タイトー チェイスH.Q.2を起動 トップ