トップページ

スペースエイジトップ

ラジオ・オーディオ

■ ウエルトロン2004

丸いデザインで有名なオーディオ機器、ウエルトロンです。主催者が持っているのは2004型。
ウエルトロンのシリーズは、テープデッキが8トラックテープと言うタイプの物が多いのですが、
2004型は一般的なカセットデッキが搭載されたタイプです。



入手時は外観は綺麗でしたが、テープデッキは不動品でした。ウエルトロンに限らず、古いデッキは
ほぼ間違いなく動かなくなっています。モーターから動力を伝えるゴムベルトが経年変化で劣化して
ボロボロになってしまうためです。主催者は早速分解、デッキメカを見てみました。テープを送る軸に
溶けたゴムがへばりついていたり、早送りのベルトは伸びてへろへろになっていました。



幸い、テープを定速で送るための軸(キャプスタン)に接触するピンチローラーは無事でした。
劣化したゴムを全とっかえして、晴れてカセットテープも使用可能になりました。なお、ラジオは
最初から動作OKでした。ちなみに裏の電池ボックスの蓋を開けると、AUX入力もあります。



テープをガシャリと差し込むと勝手に再生開始します。早送り、巻き戻し、イジェクトはテープ下の
1ボタンで全て行います。このデッキメカはどう見ても昔のカーステそのものです。
そう言えば8トラックテープも主な用途はカーステかカラオケでした。




■ パナペット70

これまた丸いデザインで有名なパナペット70ラジオです。ただの中波ラジオなのですが、
デザイン最優先で作られたところにこだわりが感じられます。



小型ラジオですが、手間のかかる糸かけダイヤル機構が使われており、
しかも丸型の筐体に収まっています。今では絶対にない手間のかけようです。




パナペット73 R-47A

こちらは四角いパナペット。こちらもしっかりしたダイヤル機構が付いています。



入手時はダイヤル窓に擦り傷がありました。凸レンズ状に大きく出っ張った形状ですから傷が
付き易い部分です。主催者はサンドペーパーで傷を消した後、コンパウンドで磨きました。
傷はほぼ消す事ができました。






■ ナショナル/パナソニックRC-6500

パナソニックのRC-6500型ラジオです。このラジオは特徴的な透明ダイヤルと時計が付いています。
入手時はほぼ未使用品の様でしたが不動品でした。分解したところ、スピーカーのボイスコイルが
断線していました。同じサイズのスピーカーに交換して修理完了です。



下の写真にあるシースルー機構とは、アクリル板の外周を駆動して時計などの指針を動かすメカです。



ラジオはAM-FMの2バンド。このラジオに合う卓上アンテナをセットしてみました。




■ タクトプレーヤー

卓上型のレコードプレーヤーです。極めてポップなデザイン。



この手の安価なプレーヤーは一般的にトーンアームが重く、レコード盤の消耗が激しいのですが
このプレーヤーは軽量に出来ていますので、安心してレコードがかけられます。バランスウエイト
も付いていますが、これは気休め程度で効果のほどは?です。



ターンテーブルの駆動はリムドライブ。リムのゴムの状態は良好です。ポップなデザインから
絶対トランジスター式だと主催者は思っていましたが、開けたらどっこい真空管式でした。



カバーをすると、出っ張りの一切無いトランク型になります。







ラジオ・オーディオトップ