トップページ


カプセラトップ

カプセラとの出会い

■ カプセラ入手

主催者がカプセラを知ったのはTV CM。1975年のこと。偶然見かけたカプセラのCMを見て、
あまりのかっこ良さに釘付けになりました。あのCMをもう一度見たい!と言う衝動に駈られましたが、
残念ながら目にすることは殆どありませんでした。このCMは木曜の午後8時45分ごろだったので、
その時間帯になるとTVに張り付き、CMが流れるチャンネルを特定しました。その後はカプセラの
CMが流れる時間帯になると、TVの前に鎮座していたのでした。

そんな中、親戚の方から好きなオモチャを買ってやるよ。と言う信じられない申し出が!
そしてめでたくカプセラKC-500を入手したのでした。

カプセラ冊子

■ カプセラ休眠期

ある日カプセラの作例集に載っている”モーターボート”と言うのを作ってみました。
しかし動かしてみると・・・遅い!もっと早く出来ないか!と言うわけで電池を2本にしてみました。
すると・・・。バランスを崩してあえなく横転、沈没。フロートが3つだったのが災いした様です。
あわてて救い上げて乾かしましたが、モーターに水が入り、動かなくなってしまいました。
そのまま約1年、カプセラはほったらかしになってしまいました。モーターカプセルは接着されており、
分解してメンテナンスする事が出来ません。動かないモーターカプセルはあってもしょうが無いので、
カプセルを壊してモーターを取り出すことにしました。コンクリの上に置いて金槌でガンガン殴りましたが
なかなか壊れず、さすがポリカーボネート!と妙に感心しました。モーターを取り出すと回転軸がさびて
動かなくなっていました。しかし手でぐりぐり動かした後、電池を繋ぐとなんと回るようになってしまった。
ウ〜ム。早まった

モーターボート沈没

■ カプセラ復活

'77年ごろ、もう一度カプセラで遊びたい!と言う衝動に駈られ、パーツのばら売りを探しました。
しかし市内ではどこも扱ってなかったので、三菱に注文することにしました。モーターカプセルの他、
持っていないパーツも合わせて5300円分ほど注文。この時点でKC-500がKC-700相当になりました。

届いた品をよく確認したら、注文内容に対して、内接歯車カプセルが一個入っていませんでした。
三菱に手紙を書いたところ、ものすごい勢いで内接歯車カプセルが送られてきました。

内接歯車カプセル

■ カプセラ新展開

それから一ヶ月ほどして驚くべき新展開が!そう、エキスパートVシリーズの発売です。
”うおおっ!今度のカプセラはチェーンとかあるぞっ!!CMに出てくるオートバイが作りたい〜!!”
と、モーレツに思い、また三菱に5500円分ぐらい注文しました。(当時なぜそんな金があったのかナゾ)
チェーン、連結版、ウォーム歯車カプセル、ロボットパーツなどをこの時発注。V-39相当になりました。

三菱にパーツを注文すると、送料は一律100円と良心的でした。しかしこの時100円入れるのを忘れた。
商品が届いた後、三菱から100円の請求が来た。ものすごい勢いで100円送ったのはナイショだ。

エキスパートVチラシ

■ カプセラ最後の注文

それから3年が経ち、もう一回5000円程度パーツを注文しようと思い立ちました。注文する前に
三菱に確認の手紙を書いたところ、”カプセラは生産を中止してしまい、在庫を販売しています。
今年いっぱいで無くなりそうな部品も出てきそうなので、注文は年内にお願いします。”との返事が。
さらにカプセラの発売部署はそれまで知育ホビー事業部だったのだが、開発部に変更になっていた。
それを見た主催者は”えらいこっちゃっ!これで最後だっ”と言う訳で16000円分注文することにしました。
その時カプセラのアイデアを書いたメモを同封しました。もう終了する商品のアイデアを送るのもどうかと
思ったのですが、せっかく書き溜めたので、送ることにしたのです。その後三菱から届いた商品の箱は
みかん箱ぐらいの大きさがありました。箱を開けると、アイデアに対するお礼の手紙とモーターカプセル、
スイッチボックスなど1300円分ぐらいのパーツがサービスで入っていました。ありがとう三菱!

三菱からの手紙




カプセラとの出会いトップ