トップページ

アーケードゲーム トップ

パドル&ローリングスイッチ

パドルとはクルクル回るノブが付いたコントローラーの事で、以前はブロック崩し系ゲームなどで
使われていました。パドルのノブにプッシュ機能を付けた物がローリングスイッチです。ローリング
スイッチはカプコンのロストワールドに使われました。オリジナルのローリングスイッチはかなりレア
で入手は困難ですが、基本パドルなのでパドルが入手できればロストワールドはプレイ可能です。

逆にローリングスイッチでパドルの代用も出来ます。こちらの方が価値があると思われますので、
パドルをローリングスイッチに改造してみました。パドルのローリングスイッチへの改造は、元に
なるパドルによって異なります。

まず、以前良く見かけたアルカノイド用とか、ゴークス用の場合です。これは最も簡単に改造できます。
このパドルの場合、ノブ軸に付いている歯車のすぐ上にEリングが付いています。Eリングを外すと、
ノブ自体が上下に4mm程度動くようになります。Eリングを外しても歯車自体がストッパーになるので
ノブが上にすっぽ抜ける事はありません。後はノブのすぐ下にバネを入れてプッシュ出来る様にして、
軸の末尾にはスイッチを付けてプッシュ操作でON/OFFする様にすればいいわけです。
ただ、パネルの裏側への奥行きが結構あるので、パネルの底が浅いと収まらない可能性があります。
なお、下の写真は改造前の普通のパドルです。参考までにどうぞ。



次に、カネコNOVAシステムとか、カプコンのブロックブロック(ゲーム名)用に使われたタイプです。
このパドルは、オリジナルのローリングスイッチに似ています。パドルの裏側への奥行きが浅いので
取付けパネルの底が浅い場合でも取り付け可能。ただしローリングスイッチへの改造は大変です。
ベアリングの部分とか、歯車下の軸受けの部分で軸の太さが異なっており、軸を上下に動かす事が
全く出来ない構造です。動かす為には回転軸を削る必要があり、旋盤加工が出来ないとほぼ無理
でしょう。また、軸受けにベアリングが付いた状態では、上下運動の時に引っかかる事があるので
ベアリングをジュラコン等の軸受けに交換する必要があります。下が改造後と改造前の写真です。



下がNOVAタイプ改造ローリングスイッチを取り付けたコントローラーです。ローリングスイッチ独特
の3つのくぼみの付いたノブもアクリルの積層で製作しました。



しかし最近はそのパドル自身も殆ど見かけなくなりました。たまに中古や新古品が出回る程度です。
そこでパドルを1から全て製作してみました。どうせならプッシュ機能を付けてローリングスイッチと
して使用できる様にしてみました。メカの軸受けは厚さ4mmのアクリルを使用。アルカノイド用を例に
とると本体は1.6mmの板金で出来ていますが、軸受けはプラパーツが使われているので4mmのアク
リルなら問題無いだろうと思います。そして完成したのが下の写真。こちらのノブはエンビパイプにて
製作。上記パドル改造タイプに比べると回転軸が細いので軽量にしました。こちらのタイプでプレイ
すると、回転角などの使用感はオリジナルと大差ありません。ただ、ノブとか歯車にフライホイールの
効果が殆ど無いので、回転はかなり軽くなりました。



ローリングスイッチパネルを作ったところで、もっと手軽にパドル使用のゲームがプレイしたい!と
またまた思いました。そこで製作したのが、ローリングスイッチ付きパッド。プッシュ機能付きパドル
に、方向キーとスタートスイッチを付けて、ハンディ型にまとめたものです。内蔵メカは上のパネル
と同じ物を使用しています。写真では配線は取り外してありますが、問題なくプレイできました。





■ 光るローリングスイッチに改造

主催者はジョイスティックレバー比べのコーナーでセイミツLS-32を光らせて見ました。それを
JAMMA/JVS対応コントロールボックスの製作で作ったコントロールボックスにセットしたところ
何だかいい感じになりました。元から光る仕様にしてあったのですが、当初はレバーシャフトに
線が通っており、握り玉の中でLEDが光っている構造でした。しかし無意識にレバーを回転さ
せているらしく、レバーの握り玉に仕込んだLEDは配線がねじ切れて光らなくなっていたのです。




まあ、別にパネルが光らなくてもプレイには何の影響も無いし、要は遊びです。しかし光ると
何だか商品価値?が上がった様な気がするし、もしこれがゲームセンターならアピール効果
もありそうです。ただ、パネルは白/紫のツートンで元の発光も全て紫色だったのですが、作
ったレバーは赤く光るので、この部分だけ浮いて見えます。そこでこの際ボタンの色も変えて
カラフルにしようと思い立ちました。しかし新たにセイミツから発光ボタンを購入しようにも価
格は高いし、更にボタンの頭まで光らすのはカスタムが必要でかなり面倒。そこで試しに発光
機能の無い普通のクリアカラーのボタンを買って、内部メカ(自作部分含む)を入れ替えて使
用可能か確かめて見たところ、そっくり移植が可能でこれは助かった。下の写真が変装後の
パネル。実は主催者、渋いのより原色カラフルなのが好きだったりする。うむ、中々いいぞ。




そこで思い立ちました。「次はいっその事ローリングスイッチも光らせたろ」。自作のローリング
スイッチはノブが透明アクリルの塊で、更に手持ちのは塗装していませんから光が透過して好
都合です。アクリルの塊と申しましても、ホントの塊では無く貼り合わせた物。なので接着面に
気泡とか入っているし、使っている内にはがれた様なムラも出てきている。何だかコケみたい。




もしかしたらコケみたいなのがある方が光を上手く反射させるかも知れないぞ、と都合良く解釈。
で、この部分はそのままで下から照射させる事に。色はロストワールド1P用なので青でいきたい。
やり方は、まずアクリルノブ下に乳白色のプラ板をセット、更にその下からLEDを点灯させるだけ
なのだが・・・。スペースがきつい。チップタイプのLEDなら問題無いが持っていない。しかも青色
は他の色に比べてやや暗い?のが普通な様。そこで明るさの分かっている手持ち品でいきます。
そのままではパネルにぶつかってしまうため、LEDのボディを半分に切り詰めます。なお、レバー
ではLEDは横向きにセットしています。これはレバーのシャフトカバーを通して握り玉を光らせる
為で、ローリングスイッチのノブの場合は横向きの照射ではやや暗く、やはり真上に照らす方が
良かった。あと、赤色の時は4つのLEDを直列で抵抗をかませて12Vに接続でOKでしたが、青色
の場合は4つの直列ですと(抵抗無しで光らなくは無いが)12Vでは足りません。そこで2本ずつを
それぞれ抵抗をかませて線を引きだします。そして何とか組み込んだのが下の写真右。




さて、次はレバーです。レバーは元々お気に入りのサンワJLWでしたが、LEDの組込みは出来ない
為、セイミツLS-32に変更します。LS-32は取り付け鉄板をセイミツベースに変更してそのまま換装
可能にします。握り玉はクリアの薄い青色。クリアでも濃いと光っているのが良く分かりません。
早速レバー本体にLEDをセットします。なお、下の写真右ではシャフトはまだノーマルのままです。




レバーシャフトを削ります。シャフトカバーやらレバーパッキン(レバー根元の円盤)も製作します。
レバーパッキンは乳白とクリアの2枚組みです。それらを組み込んだのが下の写真右。外観上は
あまり変化していない。




出来ました。思ったより良く光っています。ローリングスイッチノブの気泡やらはがれ模様ですが、
実のところ発光に効果をもたらしているのか、そうでも無いのか良く分からない。その内丸々一本
の塊を削り出しで製作して比べて見たいところ。でもアクリルの厚いのは高価なのが問題だなあ。





パドル&ローリングスイッチトップ